バイクのタイヤにネジが突き刺さったので、抜いてみた。

あれは青山高原ツーリングを終えて、汚れたバイクを洗車していた時のことでした。

いつのもように、高圧洗浄機で汚れを落とし、錆防止洗剤を泡立て、バイクを丁寧に洗車。

綺麗になったと、ニヤニヤしながらバイクをながめ、いざ拭き上げ。

ピカピカに洗車。

水も滴るいいバイク!

このフロントマスク、いつ見てもかっこいい…!

サイドもかっこいい!

花粉に汚れたマットブラックが、美しいつや消しを取り戻しています。

スタイリッシュなシルエットがいいです。かっこいい。

自慢のリアフェンダーです。

DUCATIのディアベルのようなマットガードに、ナンバーステーを取り付け、オリジナルでウインカーを取り付けた、世界に一つのリアフェンダー。

いつ見てもかっこいい。

完全に悦に浸っているときに、異変に気付く。

あれ…

タイヤ…なんか変だな。

寄ってみると…

!!!!!!!!!!

刺さってるぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅううーーーー!!!!!!!

まじか!!!!!!

まじか!!!!

まだ全然溝が残ってるのに、もうタイヤ交換か..!

工賃はいくらなんだ….!

自分で交換できるのかな。

なんて思いながら、とりあえずtwitterにあげてみると、

「泡を穴に当てて見て確認してみるといいかも!」

とメッセージをいただいたので、家に帰って確認してみることに。

//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

空気漏れチェック


こんな感じでがっつり刺さっています。

悲しいくらいに突き刺さっています。

まずは、空気が漏れていないかを確認。

ここが超重要です。

突き刺さった穴に泡を当てて、空気の漏れがないかを確認します。

タッパーの中にキレイキレイをプッシュして泡を確保します。

霧吹きとかがあると、楽でいいです。

これを穴に塗りつけます。

こんな感じで泡を塗りつけて待つこと数秒。

もし空気が漏れているなら、この泡がポコポコ泡立ちます。

幸いにも、僕のリアタイアに開いた穴は、ポコポコならず致命傷ではなかったので、一安心。

もしこの段階で泡だった場合は、バイク屋さんに直行してください。

放置していると、タイヤの空気が抜けて、自走ができなくなってしまいます!

このあとは、ネジを抜いて、穴を埋めます。

ネジ抜きと穴埋め


「プライヤー」「ボンド」を用意します。

ネジを抜ければなんでもいいので、力が入る感じの工具を準備。

ボンドに関しては「多機能ボンド」で埋めればOK
アロンアルファのようなサラサラ系だと厳しいかも。

いざぬきます。

がっつりつかんで、グリグリ回しました。

思いっきり刺さっています。

抜けました。

人差し指の第二関節くらいまでの長さがありました。

タイヤに対して垂直に刺さっていたのではなく、表面に刺さっていたので、空気のお漏らしは回避できていました。

こんなかんじで穴が空いています。

穴が開きっぱなしでも大丈夫なのでは…?

と思ったのですが、奇跡がおきて同じ部分に何かが突き刺さったら、タイヤが昇天してしまうので、ボンドで埋めます。

中身が黄色かったことに衝撃を受けましたが、ボンドで穴を埋めます。

抜いたネジを使って、奥までボンドを差し込みます。

こんな感じで、穴埋め完了。

作業は10分くらいで終わりました。

一安心。

まとめ

穴を埋めた後に、150kmぐらい走りましたが、空気漏れ等は一切なかったので、パンクの心配はなさそうです。

ただ、何かが突き刺さったら、すぐにバイク屋にいくことをお勧めします。

僕も気づいてすぐに「ライコランド」と「2りんかん」に寄ったのですが、待ち時間が長すぎて諦めました。笑

ですが、気軽に見てくれる雰囲気だったので、不安だったらプロに任せましょう!

みなさんも、路面上のネジや釘には十分注意してくださいね。

それでは、Have a nice 東海バイクライフ!

//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

Share

Source: HAQ portal

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする