池井さんちのカミツレ畑でお花摘み

こんにちは~!
昨日、今日ととっても良いことが続いているなずなです(^^)

さて、昨日は時地区打上(うちあげ)にある池井元(はじめ)さんのカミツレ畑でカミツレを摘ませて頂きました。

池井元(はじめ)さんといったら、みなさんご存じだと思いますが、がんちゃんの愛称で親しまれ、長らく市の職員として勤めておられましたが、現在は退職されて農業を中心に活動しておられます。
野菜や米などいろいろ作っておられますが、耕作放棄地にカミツレを植えて、管理もされているそうで、打上のカミツレ畑は白い可憐なカミツレの花で満開でした。

カミツレはハーブでカモミールともいいます。
リンゴのような甘い香りがします。
今朝はさっそくカモミールティーをいただきました。
冷凍しておくと生のフレッシュさが保たれてとてもおいしいそうです。
さっそくそのようにして、冷凍庫にしまってあります。
ティーバッグのハーブティよりもずっと香りが濃くて、とてもおいしいです。
帰りがけ、近くのお寺で近所の女の人が二人、仲良くおしゃべりをしておられました。
こういう雰囲気も上石津ならではでよいなあと思い、帰ってきました。

Source: ふるさと日記 たらの芽(目)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする