多良ふれあい天文台より 7月の星空

こんばんは。
昨日は早くも8月の盆踊り大会の会議でした。
昨年までは毎年バタバタの盆踊り大会でしたが、今年はゆっくり参加できそうです。

詳しくは自治会を通じて回覧されます。
8月に入ったら盆踊りの練習もありますので、またご参加くださいね。
かかのもバンドの演奏もありますよ。
どうぞ、お楽しみに♪

さて、多良星空クラブの吉田さんからメールが届きました。
7月17日には「月や星を見る会とお話を聞く会」が多良小学校で開かれます。
ご家族でご参加くださいね。

子どものころはギリシャ神話を読むのが大好きでした。
日本神話にはほとんど星の話は出てきませんが、ギリシャ神話にはいっぱい出てきます。
英雄や王女が星になって天に昇って輝いているというお話です。
サソリの毒に殺された乱暴者のオリオンは天に昇ってからもサソリを恐れ、サソリが昇って来ると沈むのだとか・・
理科の授業は嫌いでしたけど、そんな話を思い浮かべながら夜空を見るのは楽しいですね。

こんにちは。多良星空クラブの吉田です。
毎日蒸し暑いですね。夕涼みに外に出ても湿度が高い感じであまり快適には思えませんし、星も見えない日が続いています。
早く梅雨が明けて満天の星空を見たい今日この頃です。
7月の星空です
上旬 金星としし座の1等星レグルスが接近して見えます。
1日 6/30の晩から1日の明け方まで月と火星が接近して見えます。
6日 下弦の月(明け方南の空に見える半月)
10日 金星としし座の1等星レグルスが最接近します。
13日 新月
16日 夕方西の空で三日月と金星が接近して見えます。
20日 上弦の月(夕方南の空に見える半月)
25日 月と土星が接近して見えます。
28日 満月(今年いちばん小さく見える満月です)午前3時ころから皆既月食が起こります。
31日 火星が地球に最接近します。
惑星の様子です
火星 初旬は午後9時頃に、下旬は午後7時頃に東南東の空から上ってきます。赤い星なのですぐに火星だとわかるでしょう。31日には2年2ヶ月振りに地球に最接近します。望遠鏡でも表面の模様が見えるときがあるかもしれません。
木星 暗くなると南から南西の空で明るく輝いています。
金星 宵の明星として夕方西の空で明るく輝いています。

土星 木星と火星の間にやや黄色っぽく光っています。

Source: ふるさと日記 たらの芽(目)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする