圧巻&迫力!3,400の天狗と日本一の大天狗!「古井の天狗山」

岐阜県美濃加茂市、飛騨川沿いの「古井の天狗山」へ行ってまいりました!

今回はバイクではなく、車で行ってきたのですが、ツーリングスポットとしてもオススメです!

珍スポットと言ってはバチが当たりそうですが、間違いなく珍スポットです!!笑

高さ12mの天狗像に、壁一面に貼り付けられた、天狗面には圧倒されます。

そのビジュアルには恐怖すら感じるほどです。

夜は間違っても入ってはいけない雰囲気。

ガンツだったら動き出しますね。

ちなみにここは「荒薙教(あらなぎきょう)」という宗教の施設のようです。

「願いが叶う」ことで有名なスポットです!

//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

曇りだと、雰囲気出まくり、天狗山。


早速、鳥居の前に天狗像が2体。

まるで、東大寺の「金剛力士像」を彷彿とさせる天狗がいらっしゃいます。



表情が、その、とても激しいお顔で、立体感がすごいです。

こんな顔で怒られたら小便ちびります。



石像や銅像、木像など、様々な天狗様が敷地内に配置されています。



この配置場所にも何か意味があるのか…?と考えさせられます。

さらに奥に進むことにします。

天狗山の「荒薙教(あらなぎきょう)」って?


「荒薙教(あらなぎきょう)」とは、100年前に開教した新興宗教です。

明治時代に、この荒薙教の開祖となる、「戸田よき」が愛娘を愛娘を亡くしたことをきっかけに、日本各地の霊山で修行したのち、この地に開教したそうです。

変幻自在、神出鬼没の神の使いである「天狗」をお祀りしています。

なんか、narutoっぽいです。



奥に進んでわかったことは、天狗様の数が半端じゃない…!

初めてこの神殿を見たときは鳥肌が立ちまくり!

わかるかなぁ。



神殿の外側の壁面に注目してみると…



壁一面にびっちり天狗の面が貼り付けられているではありませんか!!

「うぉ..すげぇ」と思わず声が漏れます。

ぜひ実際にその目で見ていただきたい。

何百という天狗の顔に、一斉に睨まれている感覚です。

しかし、これだけで驚いてはいけません。

神殿内を見てみると、



入り口には木造の大きな天狗像。

注目して欲しいのは、内部の壁面です。

割と広い空間で、おそらく何十人と入れる規模です。

その壁面に、いっぱいの天狗面が貼り付けられています。

この室内の暗さと相まって、雰囲気倍増です。



寄って見てみると、こんな感じ。

これが、内部の壁面全体に広がっています。



なんだか気味がわるいと感じてしまったのですが、実はこの天狗の面にはとても大事な意味があったようで、

この天狗の面は、「家内で祀られて、持ち主の願いが叶ったため、お返しされたお面」だったのです。

つまり、この「壁面に貼り付けられている天狗のお面の数」は、「願い事が叶った数」です。

願いが叶う場所として、知られている理由がわかりますね。



外には一枚歯の下駄がありました。

俯瞰で撮ってしまったのでわかりませんが、下駄の下部の歯は1枚しかない上に20cmほどあります。

履くことができ、天狗気分を感じられます。

ただ、怪我をした際は「自己責任」だそうです。笑

これはでかいぜ!日本一の大天狗


ぐるっと一周回って戻ってきたときに気がつきました。

「なんかでかいのがこっち見てる。」

緑色のあの方が、日本一大きい天狗像です。

あぐらをかいて団扇を持って座ってらっしゃいます。

ちなみにですが、団扇をもっている天狗は、力の強い天狗の象徴。

大天狗と呼ばれます。

この団扇さえあれば、飛行、縮地、分身、変身、風雨、火炎、人心、折伏、等何でも自由自在。

火を起こし、火を煽り、武器としても使え、団扇自体に妖魔退散の効果があります。

完全に厨二性能であり、チート武器ですね。

団扇を持った天狗に出会ったら、即逃げてくださいね。

絶対勝てません。

せっかくなので、寄ってみることにします。



うーん、ラスボス感が半端じゃないですね。

細部まで作られていて迫力がすごいです。

目があっただけで、消滅させらそうな眼力です。

人間と比較してみると…



めちゃでかいです。

座って12mなので、立ったらかなり大きいですね。

初代ガンダムが18mなので、ガンダムに乗って、やっと渡り合える感じですね。

顔がめっちゃでかいので、迫力と恐怖がすごいです。

青鬼的な怖さを感じます。

まとめ


願いが叶うと言われている「古井の天狗山」。

その正体は、荒薙教の宗教施設であり、願いが叶うとされる場所。

境内に置かれた天狗像が、ただならぬ雰囲気を出していますね。

恐れ多くて、夜には怖くて入れません。笑

ツーリングスポットとしてですが、ここは木曽川が飛騨川へと分岐するポイント近くにあります。

飛騨川に沿って北上すれば、国道41号線と合流し、道の駅「ロックガーデンひちそう」や飛水峡などが楽しめます。

木曽川に沿って進めば、蘇水峡などの水源や丸山ダムなどのスポットを楽しめます!

この週末は天狗様の珍スポツーリング!いかがでしょうか!

それでは、Have a nice 東海バイクライフ!

〒505-0021
岐阜県美濃加茂市森山町3丁目5 森山町3丁目5−57

0574-26-1331

駐車場無料

//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

Share

Source: HAQ portal

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする