CBR400R、マットブラック再塗装!立ちはだかる、つや消しクリアの罠。

前回マットブラックを塗ってから半年以上。

様々なところへ連れて行ってくれたCBR400Rちゃんですが、最近、顔面とお尻の劣化が激しい。

というのも、前回は2液ウレタン塗装なので大丈夫。

と、高を括っていましたが、

飛び石やインセクトアタックなど、度重なる攻撃に、とうとうマットブラックが欠けて、下地のプラサフが見えてしまっていました。

さらにシートカウルに至っては、背中に背負っているバックパックをリアシートに乗せていることもあり、塗装もハゲハゲ。

なので改めて塗り直すことにしました!

さらに、耐久性を高めるために、マットブラックの上につや消しクリアを塗る予定だったのですが、

まさかあんなことになるとは…。

//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

塗装の下準備


まずは今回使用する塗料です。

再塗装する部分は劣化している、

・フェイスマスク

・リアシートカウル

・リアカウル

です。

サイドカウルはまだまだキレイなので、今回は塗装をしません。

それを踏まえて購入した塗料がコチラ。

・関西ペイント PG80 つや消しマットブラック【475g】

・関西ペイント PG80 つや消しクリア【475g】

・関西ペイント PG80専用硬化剤【50g】×2

・関西ペイント PG80 希釈用シンナー【250g】

・洗浄用シンナー 【1L】

です。

そしてサクッと塗装予定のパーツを、バイクから取り外します。



お尻がすっけすけ。

久しぶりに、マスクを外したCBR400Rのご尊顔と対面しました。

やっぱりお前は、加工しなくてもカッコいいよ。



とりあえず、塗装したパーツを並べて、足付けの準備。

スクリーン部分は取り外しができないので、塗装面の際だけ、マスキングして傷がつかないようにします。



いざ足付け。

前回の塗装でプラサフを吹いて下地を作っているので、今回は耐水ペーパーの600番手で、表面をならしながら、軽く傷をつけます。

手を抜いたわけじゃないですよ!!!(汗)



飛び石でかけた部分は、段差にならないように表面を整えます。


足付けが終わったら、スクリーンを塗ってしまわないように、マスキングします。

新聞紙で十分です。



白い点々が見えるでしょ?

アレ全部飛び石&インセクトアタックね。

そして今回の目玉!!!

新たに購入したタンクカバーも塗装します!!!



全て足付けが完了したら、脱脂をして、塗装スタンドに並べます。



いざ、調合へ!!!

塗料の調合


これが同封されていた調合書です。

これをもとに、塗料を配合します。



とりあえず、マットブラックを容器に移し、そこに硬化剤と希釈用シンナーを混ぜ合わせます。

計りで重さを確認しながら指定通りの分量に調合。



出来上がったマットブラックをスプレーガンに移します。



いざ、塗装へ!!!

マットブラックを本塗り!


さっそくマットブラックを塗って行きます。

パーツから20cmほど、距離をあけて、垂れるか垂れないかのギリギリで、表面を塗って行きます。

速度は一定で、ゆず肌にならないように、慎重に…慎重に…



はい。たれました。

はい、ゆず肌です。

攻めすぎました。

そしてこの表情である。



気を取り直して、塗っていきます。



こんな感じのパーツ達が、



キレイなマットブラックに染め上がっていく!!



いやー、いい感じ!!!

レベルアップしている気がする!!!

いざ、クリア塗装へ!!!

つや消しクリアの罠。


黒を4時間ほど乾かしていたので、時刻は真っ暗。

マットブラックと同様に、つや消しクリアを調合します。

が、



クリアなのに白いぞ..!

これ、塗って大丈夫なのか…!

と、今まで出会ってきた透明のクリアとは全く違う、白濁とした調合されたつや消しクリアに、激しく動揺します。

しかし、指示書通りに調合したので、分量の間違いはないはず…!

一抹の不安を抱えつつ、塗装してみると…



なんじゃこりゃぁ!!!!!

塗装面がバッキバキじゃねーか!!!!

てゆーか、マットブラックじゃなくって、これ紺じゃん!!!!!!!

比べてみるぞ!!!!



紺じゃん!!!!!!

白色乗りすぎでしょ!!!

原因を考えてみます。

・つや消しクリアは塗りすぎると、白色が乗る。

・新しいパーツなので、プラサフによる下地が作られていなかった。

という2点が主な原因ではないかと。

皆さんもつや消しクリアを塗るときは、ほんとに注意してくださいね!!!!!(涙)

こころからのお願いです。

当然このパーツは再塗装。

てゆーか、でっかいパーツにつや消しクリアぶっかけなくってマジでよかった…。笑

まとめ


つや消しクリアを塗る際には、ほんとに注意してくださいね。

まじで。

つや消しクリアを塗っていない部分は、かなりキレイに塗れてるんではないでしょうか。

この後は、バリアスコートを塗って、撥水処理をしておいてから、ビバツーリング!

といった具合ですね。

新しいパーツが楽しみだっただけに、ショックも大きめ。

ですが、当初の目的である、塗装の劣化問題はクリアできたので、よしとします!!!

それでは、Have a nice 東海バイクライフ!

//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

Share

Source: HAQ portal

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする