西山のまめな会&元気会

昨日は朝のうち、多良小学校におじゃまして、多良音頭の練習をしました。
みんな、とってもうまくなってくれて嬉しいです。
今から70年ほど前に作詞作曲された多良音頭が地域の歴史とともに受け継がれていくことを願っています。

さて、午後からは西山のまめな会&元気会のお世話役さんに、活動についてお話をいろいろ伺いました。
民生委員もされているお世話役さんは、地域のことに尽力されています。

多良の中でも標高200メートルの所にあり、最西端にある西山地区は昔から滋賀県との交流も盛んで家の建て方なども、近江の様式などが色濃く残る貴重な歴史資源の宝庫。それだけに団結力もあり、一月に一度全戸に呼び掛けて寄り合いをされています。
もちろん、都合でなかなか出て来られない所もありますが、通常は自治会の役員さんだけで決めてしまうことの多い中、貴重な場といえるのではないでしょうか。

詳しいお話は次号の通信でご紹介しますが、写真は全部は載せられないので、ブログにも載せておきます。

10月号の通信をどうぞ、お楽しみに♪

西山地区の活動の写真はこれまでお世話役さんが撮影されたものを接写させて頂きました。
下はこれまでお世話役さんが撮影された貴重な会の記録写真です。

Source: ふるさと日記 たらの芽(目)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする