CBR400R、走行距離12,000kmにして、転倒。

やらかしました。

ええ、やらかしました。

コケました。

転倒で傷をつけてしまいました。

今回は記事というより、心の叫び。

二度と愛車を傷つけないように、安全運転に心がけるという、心の叫びです。

気持ちは、三方ヶ原の戦いで破れた家康です。

//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

あれは、岐阜県瑞浪市の中山道周辺を走っている時。

弁天財の池や、石畳の道を階段に納め、大満足のソロツーリングでした。

道幅は車二台がギリギリすれ違える、センターラインの無い1車線道路です。

道は、曲がりくねったり、長い直線があったり、スピードに注意すれば、非常に楽しいワインディング道路でした。

道脇の落ち葉に注意しながら、緑から赤に染まり始めた木々の間を走っていました。

わくわくしながら走っていると、先の見えないカーブがありました。

左に折り返すカーブでしたが、カーブの先は秋の木々が邪魔をして見ることができないブラインドコーナーです。

これまでのワインディングの感覚でカーブに進入しました。

ですが、そこは想像を越えた、180°折り返す、非常に急勾配の上り坂のカーブでした。

カーブに対して進入スピードが速すぎました。

急ブレーキをかけて、ハンドルを曲げ、バイクを回頭。

…しようとしたのですが、今度は減速しすぎたため、バランスを崩しました。

慌てて、左足を着地してバランスを取ろうとしました。


平地であれば、問題なく、バランスを取り戻すことができたはず。

ですが、足をついたのは坂の下側。

つまり、左足1本に、全体重と200kgのバイクの車重がかかりました。

当然、支えきれるはずもなく、転倒しました。

体は地面に投げ出され坂下へ転がりました。

ですが、幸いなことに、体は無傷でした。

要因は、完全なる技術不足と、慣れによる前方不注意です。

その結果がこれです。



//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

坂でを転倒してしまったため、バイクを一人で持ち上げることができませんでした。

どうしようもないので、とりあえず写真を撮りました。

すると一台の車が近くに停まり

男性が
「大丈夫か!?」
と駆けつけてくれました。

その方と奥さんに手伝っていただき、なんとかバイクを起こすことができました。

このときは、ほんとに人の優しさが身にしみました。

ありがとうございました。

すこしおいて、バイクの状態を見てみました。



ミラーの傷。



リアカウルの破損。
破れはありませんでした。



シフトペダルが曲がってしまいました。
幸いなことに、車体に擦れながらも、シフトチェンジができ、自走可能でした。

というのが、今回の顛末です。

ここまで冷静に文章を書いておりますが、もう限界です。

あぁぁぁぁぁぁあ!!!!!!!

やっちまった!!!!!!!!

ごめん!!!!!ごめんCBR400R!!!!!!

まじでごめん!!!!!

ショックすぎるぜ!!!!!まじでショック!!!!

ですが、不幸中の幸いもあります。

それは、直近ののカスタムで、

「フレームスライダー」

「ヘビーバーエンド 」

を装着していたことです。

この二つがバイクを守ってくれました。

もちろん、二つとも傷だらけですが。

「フレームスライダー」と

「バーエンド」と

とシフトペダルないし、ステップの3点が地面と接することで、

メインのカウルには傷がありませんでした。

これだけが、唯一の救いです…!

丹精込めて自家塗装したカウルが傷だらけになった日には、憂鬱すぎて、仕事が手につかなかったでしょう。

リアカウルの破損はパテ盛り再塗装確定です。

とにかく、これの記事をご覧になった方は、

僕を反面教師として、まじで安全に楽しく走ってください。

明日は我が身ではないですが、転倒してバイクが傷つくと、心がえぐられます。

帰り道なんて泣きそうになります。

とくにマスツーリングの時、周りのスピードが早かったり、自分の限界速度を越えているペースの時は、迷わず安全な走り方を洗濯してください。

ダサいと思われても関係ありません!

怪我なく、バイクが傷つかずに家に帰ることが何よりも大事です!!!

「もう少しスピードを走っていればこんなことにならなかった。」

なんて思っても後の祭りです。(涙)

もう一つ付け加えるならば、フレームスライダーと、バーエンドは自分のバイクを守るためにかなり有用なアイテムだということを、身をもって知りました。

これつけてたから、カウルはほぼ無傷ですー(泣)

万が一の際にバイクを守りたいなら、つけておいて損はないかなと思います。

なんにせよ、事故がないことが一番。

みなさん、本当に安全に走ってくださいね。

それでは、Have a nice東海バイクライフ。

//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

Source: HAQ portal

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする