12月の多良の星空

こんばんは。
星空クラブの吉田さんから定期便です。

12月の多良の星空

こんにちは。多良星空クラブの吉田です。
今年も残すところあと一ヶ月になりました。やらなければならないことはたくさんありますが、今年のことは今年のうちになんとか頑張って終わらせたいと思います。
1214日には「ふたご座流星群」の極大日を迎えます。毎年コンスタントに流れる流星群ですので、もし晴れたら見てみてください。ふたご座は夜9時くらいには東の空に見えています。オリオン座の少し左になります。日付が変わる頃には月も沈み条件が良くなりますので、東の空を天頂付近まで10分から15分くらいかけて広くぼんやりと眺めてみるのがおすすめです。
12月の星空です
2日 金星が最大光度(-4.7等)
4日 明け方の東の空で細い月と金星が近づいて見えます
7日 新月
9日 夕方の西の空で細い月と土星が近づいて見えます
13日 ウィルタネン彗星が近日点通過
14日 ふたご座流星群が極大の頃
15日 南の空で上弦の月と火星が接近して見えます
16日 ウィルタネン彗星が地球に最接近
23日 満月
29日 下弦の月(明け方南の空に見える半月)
惑星の様子
火星 9時頃南西の空で赤く輝いています。望遠鏡では夏に比べてずいぶん小さくしか見えなくなっています

金星 明け方の東の空でとても明るく輝いています(明けの明星)。このくらい明るい時期は太陽が昇ってからも見える人には見えるそうです

Source: ふるさと日記 たらの芽(目)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする