【My Ride Story】 Vol.17 CBR1000RR / RIDER:にしむ

バイクの数だけ、旅がある。

ライダーの数だけ、出会いがある。


ここは、東海のバイクライダーの物語を紐解く場所。


「My Ride Story」

ドノーマルでも、カスタムでも。


東海ライダー達の、愛車との「今まで」
そして、愛車への「想い」を綴ってゆきます。


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

【My Ride Story】 Vol.17 CBR1000RR


RIDER:にしむ
Motor Cycle:HONDA CBR1000RR

STORY

このCBR1000RRのレプソルカラーのライダーは、にしむさん。

過去のMy Ride Storyをご覧いただいている方はお気づきかもしれませんが、以前「VTR250」のライダーとして登場した、にしむさんです。

【My Ride Story】 Vol.12 VTR250 / RIDER:にしむ

VTR250時代の宣言通り、石原さとみとタンデムすべく、晴れてCBR1000RRのライダーとしてデビューされました。

就職のタイミングで、大型バイクに乗り換えということで、以前から気になっていたCBR1000RRに目をつけていました。

やはり大型のSSに乗りたいということで、Goo Bikeなどのサイトはもちろん、バイク店を回る日々。

そしてついに、レッド◯ロンで赤のCBR1000RRと出会い、「これかなぁ」という気持ちで、契約の一歩手前までいくことに。

ハンコを押す直前のタイミングで、何の気なしに立ち寄った、HONDA DREAMでの出会いが全ての始まり。

そこには、レプソルカラーに身を包んだ、CBR1000RR SC59後期モデルが。



「これだ!!」とがっちり心を掴まれて、それまで進めていた契約から一転!

レプソルカラーのCBR1000RRを即決で購入!

そして、レッド◯ロンからは、手数料のような名目で3万円ほど請求されたそうな…。

晴れてCBR1000RRのライダーとなった、にしむさん!

VTR250からの乗り換えとなるので、高速巡行も楽になり「長距離ツーリング行きまくるぜ!!」と息巻きツーリングライフがスタート!

のはずが…

納車3日目で事故。

追突されるような形での事故にあい、もちろんバイクは入院。

身体と、バイクに大きな傷はなく、修理もそれほど大きくはならなかったそうですが…。

心のダメージは相当なもの…!

今ままでは、東海圏ばかりだったので、大型に乗り換えたら関西にも関東にも行きたいなぁとか

周りの大型SSと一緒に250とは違う加速を楽しみながら走りたいなぁとか

慣れてきたら、サーキットにも行っちゃおうかなぁとか

そんな想いが納車3日目でお預け状態に..。

悲しすぎます…!

が、残念なことばかりではありませんでした。

納車3日目の事故ということもあってか、ディーラーの保険屋さんが頑張ってくれたみたいで、なんと購入価格の1/3ほどの金額が戻ってきたのです!

修理はもちろん、損傷したアイテムなどを新しくしたり、カスタムパーツもゲットできました。

このいかついレッドアイは、その賜物です。

いまでは、この目ヂカラ強目のバイクで、東海を中心に様々なところに出没されています。

CUSTOM

ではバイクのカスタム部分を見て行きましょう。

一番のカスタムポイントはヘッドライトですね。

この紅目は、ON/OFFの切り替えができ、

OFF


ON

となっており、かなりイカツイ仕様に。

目立つこともこの上なく、この撮影をしているときに、通りすがりの子どもが

「ママ!ママ! あのバイクおめめがある!!!」

と大興奮! 子どもにも大人気!

購入当初から装着されていた、「MUGEN EXHAUST SYSTEM」

メーター周りは、大きなカスタムはなく、謎のアヒル型シャボン玉スティックが常備されていました。笑

リアフェンダーは、フェンダーレス化されており、ACTIVEのウインカー付きフェンダーレスキットが装着されていますね。

テールがシャープなフォルムになり、よりスポーティーなシルエットになっていますね。

サイドカウルには、誰のサインかわからないサインが。

「72? にしむくん、自分で書いたんじゃないの?」

なんて、ノリはもはや日常風景です。笑

本人曰く、

「誰が書いたサインか情報求む!」

ということのことでした。

そして嬉しいことに、前回のツーリングでお渡しした、HAQのツーリングステッカーを貼ってくれていました!

250ccから、1000ccに乗り換えたにしむさん。

カスタム、ツーリングともに、大満足のバイクライフを送っているようです。

ですが、やはりこの排気量さのギャップは大きいよう。

VTR250RRに比べて、当然ながら排気量差分のパワーアップしています。

違いはパワーだけではなく、重さやハンドル位置、ライディングポジションなど、このモンスターマシンを乗りこなすには、慣れがいるようですね。

特に、スロットルの感度がシビアで、軽くひねっただけで、簡単にエンジンが吹け上がります。

「乗りこなすにはまだまだ時間がかかりそうですね。峠に関しては、まだこのCBR1000RRよりもVTR250で走った方が速いかもしれませんね」

と楽しそうに笑っていました。

東海で目ヂカラMAXのCBR1000RRを見かけたら、ヤエーよろしくです!

【他の My Ride Story を見る】

Source: HAQ portal

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする