ラインLEDで夜の目立ち度120%! カッコよすぎるヘルメットカスタム!

夜のバイクって、危ないので敬遠されがち。

…なのですが、夜に自慢したくなるヘルメットカスタムで、ナイトツーリングを楽しみましょう!

今回のカスタムは、所要時間5分!

なぜなら、ラインLEDテープをヘルメットに貼り付けるだけ!

安全性とドレスアップを兼ね備えた、素敵カスタム!!

そして商品自体も1000円程度なので、コスパも良い!!

正直これをカスタムしたら、夜専用ヘルメットを増やしたいという願望が芽生えてしまいました…!

ラインLEDの貼り付け

今回購入したのはこんな感じのラインLEDです。

はるばる中国から海を渡ってやってきました。

到着までは、2週間弱といった感じでした。

お値段たったの~1,000円!!

カラーは、

・イエロー
・パープル
・ブルー
・ライトブルー
・ホワイト
・レッド

というカラーバリエーションです。

僕は今回ホワイトにすることにしました。

ライトブルーもありかなと思ったのですが、全体のバランスを考えると、ホワイトが無難。

ヘルメットもシンプルなので、ベタなカラーでも映えるかなと。

細かい部分を見ていきましょう。

裏面は3Mのテープになっています。

正直、一発での貼り付けは至難の技だったので、何度かつけては剥がしてを繰り返してしまいました。

その結果、ギリギリくっついているという感じ。笑い。

高速なんて走ったら、ぺろっと剥がれてしまいそうですね。

おそらく、つや消しカラーをバリアスコートでヘルメットをコーティングしていることが裏目に出ている気がします。

バッテリーは単三乾電池で作動します。

もちろん別売りなので、別途購入が必要です。

電源を入れてみると、

こんな感じで光ります。

いいですね。

すでにかっこいいです。

ただ、すこし気になったのが、

キーンという音がすごい。

バッテリースイッチの部分がすごいキーンっていってます。

LED自体も若干キーンという音がしているので、ヘルメットを装着すると気になります。

ですが、音楽や風切り音にかき消されるレベルです。

ちなみにバッテリーの裏側にはクリップが付いています。

3Mのシールを剥がしてヘルメットに取り付けるとこんな感じ。

薄ピンク!!!!

なんだこれ!!

ダサいぞ!!!

若干の不安を感じながら、発光させてみることに。

発色良し!COOLなラインLED

なんだこれ! かっこよすぎるぞ!!

後ろもかっこいい。

ですがコードが気になりますね。

WARFRAMEのASH的な何かかと思えばかっこいいです。

サイドから見ると、ラインがかなりかっこいい感じなっています。

写真では青っぽくなっていますが、これよりも実物はもっと白いです。

近くで見るとこんな感じ。

おダサい薄ピンクが嘘みたいにかっこよくなっています。

ずっとキーンっていってます。

うん、いいですね。

まとめ

夜限定で、かなりかっこいい感じになれるカスタムです。

しかもテープをペタっと貼り付けるだけなので、知識なんて皆無でもかっこよくなれます。

ただ、ヘルメットを選ぶかもしれませんね。

僕みたいに無地のヘルメットだと、かなり映えると思います。

ですが、グラフィックが多めのヘルメットだと、おダサい薄ピンク状態が緩和されるかもしれません。

あと気をつけないといけないのが、後頭部の配線です。

そのまま流していると、かなりみっともない感じになってしまいそうです。

このラインLEDを常用するなら、熱圧縮チューブとか、マジックテープなどをつかうとスッキリまとめられると思います。

僕はとりあえずつけてみた感じなので、カーボンシートの切れ端でくっつけています。笑

もちろんすぐ剥がれます。笑

少しネガティブなことを書きましたが、夜のかっこよさは抜群です!!

特に

「ナイトツーリングによく行くよ!」

とか

「バイクにアンダーネオン入れてるよ!」

なんて方にはうってつけのカスタムです。

だって、たった1000円ですからね。

ナイツー専用のメット、買おうかな。

それでは、Have a nice 東海バイクライフ!

【過去のヘルメット関連の記事はこちら】

フルフェイスのヘルメット選び。脱ジェットの僕は、悩んだ挙句にコレを選んだ。

『SHOEI Z-7』がやってきた!【前編】せっかくなので 『SHOEI GT-air』と比較してみた。

『SHOEI Z-7』がやってきた!【後編】ミラーシールドでイケメン計画。

マットブラックのヘルメットクリーニング!「WAKOS フォーミングマルチクリーナー」で新品のような輝きを取り戻す。

Source: HAQ portal

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする