上石津歴史講座 明智光秀、出生の謎にせまる!

おはようございます。
今日は午後1時から、宮の歴史資料館で「多良歴史愛好会」です。
興味のある方はぜひ、どうぞ!

さて、11月3日に上原の農村環境改善センターにおいて、下記の講演会が開催されます。
演題:光秀の実父は上石津多良の住人 山岸信周(のぶちか) そのすべて
講師:歴史伝承フォーラム代表 田中豊氏
日にち:11月3日 13:00開場 13:30開演 ~15時まで
入場料:300円

2020年の大河のヒーローは明智光秀。
かつては信長を殺したことでどちらかといえば敵役的な役どころが多かったのですが、
最近は復権著しいようです。
実は光秀についてはその前半生は謎に包まれており、
京都の足利将軍家ともつながりのある教養のある文化人であったという程度しか
わかっていません。
上石津でも、故辻下栄一さんが昔の「広報かみいしづ」に歴史の小話を連載されておりましたが、その時にはじめて、光秀多良出生説を紹介されました。
今回の大河の決定により、上石津も光秀出生地説をもって
地域活性化に役立てていこうということになりました。
今回の講師は、光秀多良出生説を唱えていらっしゃる方のようです。
興味のあるかたはぜひ、お越しくださいませ。
お問い合わせは、主催である
上石津町づくり協議会(45‐3111)まで、お尋ねください。
多良歴史愛好会のテーマも光秀ですよ。

 
Source: ふるさと日記 たらの芽(目)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする